古事記出版大賞「別冊太陽」に

奈良県は古事記編纂1300年記念行事の締めくくりとして、過去5年間に出版された書籍の中から古事記の魅力をもっとも良く伝えるものを選ぶ「古事記出版大賞」を選び7日に発表した。
大賞に選ばれたのは「古事記(別冊太陽日本のこころ194)」(平凡社刊)[県立図書情報館長の千田稔さん監修]で、「写真や絵をふんだんに活用し、一目で古事記が分かり、ゆかり地に行ってみたくなる」などと評価された。
県新公会堂(奈良市)で2012年12月23日13:30~、編集者らへの表彰式などが行われる。定員500名、参加希望者は事前申し込みが必要。
問合先:古事記出版大賞事務局 TEL: 03-5226-8537(平日10時~18時)

MSN産経ニュース12/07
記事より要約抜粋

「古事記出版大賞「別冊太陽」に」への1件のフィードバック

  1. こんにちは。
    平城京の奈良国立文化財研究所に行きましたさいに目に飛び込んできましたので買い求めました。
    読みやすく私の田舎のことも写真付きで紹介されており、大賞に選出されたこととても嬉しいですね。

コメントは停止中です。