飛鳥おんだまつり 2/3

飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ、明日香村)では、毎年2月の第一日曜日に例祭「おんだ祭」がおこなわれます。2013年は2月3日開催です。
「御田祭」はもともと五穀豊穣を願って行われる御田植の神事で、近年は田植えの先立つ節分の頃に行う神社が多くあります。あわせて無病息災、子孫繁栄を祈る神事として行われるところも多いようです。
飛鳥坐神社の「おんだ祭り」は「子孫繁栄」に欠かせない「夫婦和合」の儀式が特徴的で、その存在が広く知られています。(明日香村内には、子孫繁栄のシンボルである陰陽の形象物が散見され、とりわけ同神社境内には関連する石造物が多数存在します。)
当日は午前11時頃から午前11時頃より、地元青年団が扮する天狗・翁・牛らがササラ(竹の先を細かく裂いた棒)を持ち、参拝者のお尻を叩きながら境内を暴れ周る、厄除け神事が行われます。その後、午後2時より御田植神事、夫婦和合の儀式 が続きます。
飛鳥坐神社公式
大和路アーカイブ
問合先: 飛鳥坐神社 TEL: 0744-54-2071